矯正歯科や審美歯科で誰もが認める美しさ|まっっ白な歯並び

案内

金属製の器具

歯型

歯列矯正でネックになるのは、治療にかかる期間だけではありません。その見た目の問題というのも非常に大きいのです。歯並びを矯正するための矯正器具というのは金属製であるため、目立ちます。さらにその器具を装着する場所が歯の表面であるため、普通に話をするというだけでも目立ってしまうのです。矯正器具が目立つという理由から矯正歯科での歯列矯正に踏み切れないという人も少なくありません。しかし、そうした問題を解決する治療法が存在します。それが、インビザラインと呼ばれる矯正法です。このインビザラインという矯正は透明なマウスピースを使って歯列の矯正を行うため、矯正の為の器具が目立つというような事は全く無いのです。器具が目立つことが無いという以外にも、このインビザラインという矯正手法には様々なメリットが存在しているのです。一例として、食事を行うという場合、マウスピースを装着したままというのは食事も困難になってしまいます。しかし、インビザラインならば、マウスピースを外して食事をする事が可能なのです。
さらに最近では、矯正器具をつけても目立たない方法があります。それが舌側矯正になります。舌側矯正は歯の裏側に矯正器具を装着するので笑顔になっても周りに見えることはありません。また常に唾液が付いている状態になるので虫歯になる可能性も低く、安心して矯正治療を進めることができるのです。
こういった矯正器具を利用して安心して歯並びを綺麗にすることができます。

Copyright© 2016 矯正歯科や審美歯科で誰もが認める美しさ|まっっ白な歯並び All Rights Reserved.